コーディネートをするなら色の系統に注意

コーディネートをするなら色の系統に注意

オシャレなコーディネートの基本は、服の色の系統を合わせることにあります。

服の色の系統が上下で合っていないと、どんなに高級な服を身につけても、どこかちぐはぐな
印象になってしまいます。

その逆に、どんなに激安の服を着ていても、上下で色の系統が合っていれば、大変オシャレになります。

色の系統を合わせるコツは、色を暖色系、寒色系に分け、暖色系にするなら全身を暖色系にする、
寒色系にするなら全身を寒色系にすることです。

暖色系の色とは、黄色がベースになっている色のことです。

白なら、生成り色が暖色系になります。

真っ白ではなく、ちょっとだけ黄ばんだ白が生成り色です。

オレンジはもちろん暖色系になりますし、赤はオレンジがかった赤が暖色系になります。

茶色も、青も、そしてピンクも、ベースに黄色が入っていれば暖色系です。

寒色系は、ベースに黄色が入っていない色になります。

ですから、白なら純白が寒色系になります。

そして、真紅はベースに黄色が入っていないので、寒色系です。

この寒色系と暖色系を把握し、全身寒色系、全身暖色系に色を揃えると、大変オシャレになります。

さらにオシャレを目指すなら、色を四季に分けましょう。

春、夏、秋、冬に分けてコーディネートをすると、ワンランク上のオシャレをすることができます。